大町市有線放送電話農協のブログです

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


長野県長寿社会開発センターは「明るく活力ある長寿社会の実現」という目標を掲げ平成元年に設立、賛助会員制度を設けています。
大北地区の賛助会員は、現在190人ほど。
地域の活動やスポーツ交流会などを開催しています。
長野県長寿社会開発センター常務理事の大日方正明さん(画像)は
「社会とのかかわりの減少が機能低下を招くと言われているが、賛助会は社会とつながる最も有効な手段の一つであり、入会する意味は大きい。賛助会の活動は、多くのシニアの見本となっている。センターが県とともに行っている人生二毛作社会づくりには賛助会の協力や応援がないと成り立たない。今後のますますの発展を祈念している」と挨拶されました。

社会とのかかわりって、いくつになっても大切なんですね。

HIROMIX☆