大町市有線放送電話農協のブログです

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


世界で活躍する折り紙作家・布施知子さんのワークショップが鷹狩山展示会場で開催されました。
大きめの折り紙を使って実演する布施さんの手先を受講者は熱心に覚え、自分の作品を作成していきます。
使う素材は芸術祭協賛企業の東洋紡株式会社が提供した新素材の折り紙「オリエステル」。
作品は布施さんオリジナルの鶴≪鶴のあいさつ≫をつくりました。
尾羽が扇子のように折られていて、一般的な折鶴よりも羽が広がり優雅な印象が特徴的な折鶴です。
布施さんは「それしかないという折り方はない。色々な形ができることを体感してほしい。折り紙は未分化、医学や光学、教育にも応用されたり、または子どもから大人まで楽しめる世界。折り紙は予期せぬ美しさを見せてくれ、好奇心をかきたてるもの」と折り紙の魅力を語りました。

紙を折るってシンプルな動作だけど、無限の形を生み出すことができるっていうことですよね。
折紙、、奥深いです。

鷹狩山で布施知子さんの作品を観たら、布施さんの言葉が腑に落ちると思いますよ!!
まだご覧になっていない方、ぜひお出かけを!!

HIROMIX☆