大町市有線放送電話農協のブログです

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



大町商工会議所では今年開催された北アルプス国際芸術祭について、
会員の率直な評価や意見を聞くため、中心市街地商店街、大町温泉郷など、飲食、宿泊、小売りやサービス業など386の事業者を対象に独自のアンケート調査を実施しました。
回収率は184カ所、47.7%。
アンケート結果では、芸術祭に対する評価が大変良かった、良かったが59%、開催中の来客数では大変増加した・増加したが36%、変わらないが57%でした。
ただし、飲食業では61%が増加したと答えています。
個別意見では、「期間中、町を歩く人が多く嬉しかった」という一方で、「個人的にメリットを感じなかった」「二度とするべきではない」などといった厳しい声もあり、商工会議所は「市内全域への広がりの不十分さ」を指摘しました。
また次回開催することについては、大いに賛成、賛成が61%と高く、大いに反対・反対が7%でした。
アンケート結果報告を受け、牛越徹大町市長は
「芸術祭は準備時間が少なく、携わる人へのアプローチは十分ではなかったと反省しているが、次回の開催をと望む声をかけてもらった。大町市議会12月定例会までに今後の方針を整理していきたい」としています。
なお商工会議所は今回のアンケート結果について、近日中にHPに掲載する予定です。

HIROMIX☆