FC2ブログ

北アルプス広域消防本部に新しい高規格救急車が配備されます

お知らせ記事から
08 /28 2018


大町消防署で納車式が行われ、広域連合長の牛越徹大町市長から北アルプス広域消防本部のふりはたかんじ消防長へ交付証が手渡されました。
およそ10年間使用してきた救急車は、延べ8400人余りの方を搬送し、走行距離は22万キロに達しました。
救急車は車体や医療機器の経年劣化などで安全かつ迅速な患者搬送に不具合が起きないよう、およそ10年ごとに更新計画が立てられています。
今回導入された新しい車体には、バッテンバーグ・マーキングとシェブロンマーキングという外装デザインが施されています。
考案したのは大町消防署の救急救命士の吉沢彰洋(あきひろ)さん。消防庁長官賞である消防防災科学技術賞を受賞した吉沢さんの提言がきかけとなり、国で緊急自動車への反射材使用が認められました。

とても名誉な事ですね!と牛越徹大町市長もおっしゃっていました。

HIROMIX☆

大町市有線放送

大町市有線放送電話農業協同組合は長野県大町市民を対象にした「音声放送」による告知サービスを提供しています。
有線女子アナが日々の取材から大町市の地域情報や取材先での様子をお伝えします。

【Official web site】
https://omachiyusen.com