大町市有線放送電話農協のブログです

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



れんげ福祉会では、今年の8月26日に秋祭りを銀松苑で開催。
チャリティーバザーで銀松園やケアハウスの利用者らがハンガーを使った手作りのモップや手縫いの雑巾などを販売し、その売上金を寄付しました。
利用者で義援金寄付を行った男性は「デイサービスで教わったモップがまさかチャリティーバザーで売れて、義援金につながるとは思いもしなかった」と話します。
義援金の思いを知って売り子の役を勤めた利用者の女性は「災害支援の話を聞いて嬉しい気持ちだった。売り子として「いらっしゃいませ」の声掛けの練習を一生懸命やった」と振り返ります。
れんげ福祉会の利用者や入所者など、福祉会をあげて義援金活動に取り組んだのは今回が初めて。
義援金は、秋祭りの協賛金を足し、5万円を寄付しました。
義援金は日本赤十字社大町支部を通じ、北九州の豪雨災害地へ届けられるという事です。

HIROMIX☆