大町市有線放送電話農協のブログです

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



しゅんこう和紙ちぎり絵の素材となる和紙は、折染め技法で染色された神戸和紙が使われています。
制作では和紙を右から、または左から手でちぎり、ちぎった箇所に生じる和紙特有の毛羽を活かしていきます。
しゅんこうとは春の虹のように淡い色彩で表現することを意味しますが、毛羽のほか層になっている和紙を薄くはぎ色を重ね合わせることで淡い色や濃淡のまるで水彩画のような色彩が生まれます。
展示作品のテーマは花や山、湖、静物の他、躍動する動物、人工的なビル、光を放つオーロラなど。
和紙が重なり合うことで、美しさや立体感、空気感までもが表現されています。
第22回しゅんこう和紙ちぎり絵松島はまのサークル作品展は来週の火曜日・17日まで
ギャラリーいーずらで開催しています。

HIROMIX☆