大町市有線放送電話農協のブログです

2018/01123456789101112131415161718192021222324252627282018/03



大町市まちづくり交流課男女共同参画・人権政策担当と児童センターの共催で、訪れた子どもや保護者が男女共同参画について考えを深めました。
今日は教育施設などで人形劇やワークショップを展開する松本市の「人形芝居燕屋」クスノキツバメさんを招き行われました。
腹話術では、子どもたちが大きな声で笑い、時には一緒に歌い、楽しい時間を過ごしていました。
市では現在、平成34年度まで「大町市第3次男女共同参画計画」を実施しています。
まちづくり交流課の小林課長補佐は「まだ分からない子どももいるかもしれないが、子どもたちには仲良くする理念に触れてもらう機会に、保護者の皆さんには男女共同参画について考えてもらう機会にしてもらえたら」と挨拶しました。

HIROMIX☆