FC2ブログ

北アルプス国際芸術祭2017~信濃大町・食とアートの回廊~メモリアルイベント「バンブーウェーブお別れ会」

お知らせ記事から
05 /21 2018


ロシアの作家・ニコライポリスキーさんの作品を八坂の地域住民が制作した竹の作品バンブーウェーブの完全撤去にあたり、八坂地域づくり協議会主催で、関係者や地域住民らおよそ100人が映像を見ながら制作などの思い出を振り返りました。
バンブーウェーブは、葛飾北斎の富嶽三十六景から着想を得た作品で、32本の竹を円錐形に建て、先端を円に丸めた作品です。全部で13基が制作されました。
使用された竹は予備も含めおよそ500本、その他部材として淡竹が400本余り使われています。
作品には96人、延べおよそ610人がかかわり、3カ月をかけて完成に至りました。
ロシア語と日本語の言葉の壁、竹の切り出しや運搬、加工から制作までの様々な苦労や思い出話を関係者らが発表し、会の参加者らはバンブーウェーブが多くの人々の結束の中で完成した作品だということをあらためて振り返っていました。
会の後はタケノコ汁やおにぎりなどが振る舞われ、芸術祭の映像を見ながら参加者らが思い出話に花を咲かせていました。

HIROMIX☆

大町市有線放送

大町市有線放送電話農業協同組合は長野県大町市民を対象にした「音声放送」による告知サービスを提供しています。
有線女子アナが日々の取材から大町市の地域情報や取材先での様子をお伝えします。

【Official web site】
https://omachiyusen.com